顔が大きく見える原因

顔の大きさをできるだけ小さくしたいと望む女性は多いため、フェイシャルエステでは小顔に効果のあるコースを設けているところが多数存在します。しかし、顔が大きく見えてしまう原因はどこにあるのでしょうか。

朝起きたら顔がむくんでいたという経験をしたことがある人は多いでしょう。前日の夜にアルコールを飲んだり塩分を摂りすぎたりすると起こることが多いですが、一時的なむくみはしばらくしたら元に戻ります。しかし、時間が経っても元に戻らない慢性的なむくみを起こしてしまう場合があります。

不規則な生活や乱れた食生活、また加齢によって新陳代謝が落ちてしまうと体全体がむくんでしまいます。顔もむくんだ状態が続くため、元々そんな顔だったように思えてきます。また、デスクワークなどで一日中同じ姿勢でいる人も、血液を送るポンプの役割となる筋肉を使わないため血液やリンパの流れが悪くなりむくみを引き起こします。

骨の歪みも顔を大きく見せる原因の1つです。人間の顔はほとんどの人が左右均等ではなく、歪みが生じています。バッグを決まった肩にかける、脚を組む時に上になる脚が決まっているなど、日常生活の小さな習慣によって体に歪みが生じます。顔や頭の骨も体と同様に歪みが生じると骨格が大きくなってしまったり、血液やリンパの流れが悪くむくみを引き起こしてしまいます。